スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『私えっちですよ?』 こんちき - 多彩な女の子たちの一線を超えたむせかえるエロス

私えっちですよ? (WANIMAGAZINE COMICS SPECIAL)

 一般作品『魔乳秘剣帖』を描いていた、こんちき氏の単行本『私えっちですよ?』読了。前作『おいでませにゃんにゃん』の感想記事も参考にどうぞ


私えっちですよ (2)
ヤンキー結び is GOD

私えっちですよ (1)
「私えっちになっちゃった…」


 4話中編一つに読みきり短編が6つ。一話あたり22~24ページ程度の分量

私えっちですよ (3) 中編は、冒頭に収録されている田舎を舞台にした先生女生徒モノ『先生…えっちですよ?』、短編を挟み少し飛んで、主軸となるヒロインが変わる『貴方…えっちですよ?』『私…えっちです』『私とえっちしてください』の4話。あとがきにもある通り続編というよりも派生作品という毛色が強いため敢えて差別化して連続掲載しなかったのかも

 ヒロインは主にミドル~ハイティーンの少女たち。『はまちーと美咲さん』のみ留年を重ねた大学生。個性的なキャラクター付けは、画力に裏打ちされた明確な身体つきの描き分けと相まって登場人物たちたちの多様性の確保に成功している(←日焼けあとの残るポジティブ陸上女子『走れ おんなのこ』)
 また男性サイドのキャラクターも物語構築の一翼を担っている。エロマンガにおいて厄介でしばしば無個性で主張を無くす方向になりがちな男性キャラクターの個性というものの扱いの巧さも、読ませるエロマンガの一因となっている

 ティーンの少年少女が恋愛や境遇、成長面で一歩踏み出す時の葛藤を描く作品は多いが、本作はその越える一線における人情の機微の演出が巧い
 今している努力と進路に齟齬を感じ少し立ち止まる『走れ おんなのこ』、気がつけばアブノーマルプレイから後戻りできなくなっていた『ちびデカあぶの~まる』。特に表紙の女の子がメインの中編作品は、このままでは居られないにも関わらず間違えた方向に進むかもしれないという一線でのギリギリ感が秀逸
 多分な叙情性を有しながら行われる一線の提示と、引き返せないその一線を超えてゆく展開の妙は読者を強く引きこむこと請け合い

私えっちですよ (4) 勢いのあるアナログタッチな線画がもたらす雑味が作者独自の生気をキャラクターにもたらしている
 スポーティなスレンダーから余分な肉のついたむっちり系まで、様々なヒロインのスタイル(←前作に引き続き、さらなるむっちりキャラも健在『はじめましてのおしまい』)。また男キャラの個性がエロシーンで妄想を阻害する要因になるどころか、しっかり行為の担い手としてエロパートを盛り上げている
 冒頭数ページが導入で残りがエロというわけではなく、相乗的に物語を構築する不可分な構成。自身の殻を破って本性を曝け出したり本音を吐露する物語上のクライマックスと、成年コミックとしての性交のクライマックスの、強いシンクロニシティの持たせ方も一歩抜きん出たレベル

 普段あまり成年コミックを読まない人にもオススメ。個人的にはヤンキー結びの女の子と多湿な中でうだるような性交をする『いちゃにちゃ日和』がヒット

tag : 私えっちですよ? こんちき

comment

Secret

プロフィール

あずきのあいす

Author:あずきのあいす
面倒くさがりな性格

モンスター娘と飼いつ飼われつの関係

カテゴリ
最新記事
近況
RSSリンクの表示
Admin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。