スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『好色グラマラス』 チバトシロウ - 溢れる女体の魅力に充足感を得る濃厚なエロス

好色グラマラス (エンジェルコミックス) 好色グラマラス (エンジェルコミックス)

 チバトシロウ氏の『好色グラマラス』読了。征服感と嗜虐心を満たす濃密な性描写が魅力の一冊

 2話連作カラーに短編が5話、3話中編が一つといった構成。一話あたりのページ量は短編は22ページ、中編各話が20ページと平均ちょい多め。表紙からはアブノーマルなプレイが主体の作品群のような印象を受けるが、半数以上は和姦モノである

 中編『ようこそ!Alice館』では平成の文豪と呼ばれる父の担当編集になろうと出版社に入ったが、担当先がエロマンガ作家の母であった、と言うお話。母には3人のアシスタントがおり長身の気の強い女の子早苗、性豪なシェリー、男が苦手な司と順に関係を持って行くというのがおおまかな流れ。表紙のダークネスなイメージとは異なり氏の過去作『Dress select』に見受けられるような読後感の良いハッピーエンド寄りの作品といえる。個人的には母親との性交描写がなかったことが非常に残念。絵柄も過去作のそれに近く、躍動感を持たせつつも読みやすい作画で安定した肢体表現が魅力的。大雑把な輪郭と影のみのタンパクな男性器描写は好き嫌いが別れるところか

 短編『花咲くドンブラコ!』では仲良い幼馴染みの女の子の家に行く事となり二人の関係の進展を期待していたら彼女の母親に迫られて挙句に母娘丼に発展すると言うストーリー。軽いテンションで進むお話は主人公取り合いモノながらもギスギス感はなく後味の良い両手に花状態。熟れて大きな乳房と尻肉を備えた母親とスレンダーで締まったお腹周りになだらかな双丘を持つ娘の対比は一度で二度味わえる美味しさを引き立てている
 『Pretty Women』では日中ダンス教室に通う人妻たち3人がその持て余した身体で先生を誘惑する展開であり、乱交セックスで淫猥な人妻の身体を楽しみ作品。が、画面密度を上げるためらしくエロパートにおける喘ぎ声表現のための吹き出しのかなり増えており、背景を含めた画面全体の雰囲気よりも大きめに描かれた肉感的な女体の表現にエロの牽引力があった氏の作風だけに、結果として散逸した印象を受ける。これは『交姦条件』や『Light Cmamera Acton』でも言えるが、特に本話と『商談性交渉』では各吹き出しにある「♥」や「♡」の画面内での主張もあり、性行為の過激さやインモラルさの表現を超えて読みづらくなってしまっているのが惜しいところ

 全体的に必要最低限のストーリーパートのみでありエロパートまでの入りが早く、あるいは出だしでエロ描写から入る作品も少なくないためエロ分量は十分。中編ではあっさりとし過ぎているきらいのあった男性器表現もその後に描かれた短編郡では肉感的な女性表現に吊り合うくらいには主張するようになっている。筆者としては画面にクドさを感じてしまったエロパートながらも女体の魅力自体は損なわれていないという点は確か

 個人的には情熱的に人妻を貪る『Pretty Women』と母娘に責められ責める『花咲くドンブラコ!』に実用性能を体感

tag : 好色グラマラス チバトシロウ

comment

Secret

プロフィール

あずきのあいす

Author:あずきのあいす
面倒くさがりな性格

モンスター娘と飼いつ飼われつの関係

カテゴリ
最新記事
近況
RSSリンクの表示
Admin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。