スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『姫物語』 オザケン - 着物の半脱ぎHを楽しめるファンタジー純愛物語

姫物語 (MUJIN COMICS) 姫物語 (MUJIN COMICS)

 オザケン氏の『姫物語』読了。お姫様・お嬢様を題材にファンタジックなエッセンスを加味した純愛物語

 2つの中編からなり、それぞれ『大名のKomachi Angel』が一話あたり34ページの4話+後日談掌編、『男と女のラブ☆ドール』26ページ程度2話構成

 『大名のKomachi Angel』では、物置にあった鏡から着物を纏った女の子が出てくることから始まる、江戸時代を股にかけた大河ファンタジー。表紙の女の子でもある沙代は大名の娘であるが、胸元にあるほくろが呪いの証であるとされ厄介者扱いを受けていた。主人公はそんな迷信を振り払おうと決める……沙代を慕う妹分・弥生や懇意な元遊女・蘭がヒロインとして登場。後日談含めハーレム的な要素を加えつつも、沙代との相愛ENDを迎える流れ。気丈に振る舞いながらもその実弱々しいお姫様が可憐なお話
 お嬢様に仕える使用人が、隠れて彼女にそっくりなラブドールを所持していた(『男と女のラブ☆ドール』)。そのことに気がついた彼女は、そのラブドールと入れ替わることに、というイントロから始まる

 絵柄は表紙と完全互換であり表紙買いして問題ないレベル。ただ、江戸を舞台にした時代物、ではなく江戸時代の女の子が現代にやってくるというファンタジーであるという点には重ねて留意

 はだけた着物でのHが多いのが扇情的で◯。『大名のKomachi Angel』1,2話はストーリー展開に割かれたページ数が多めではあるがそれ自体がエロパートへの導入とシンクロしているため物足りなさはあまり感じない。また3,4話では多めに取られたエロパートの尺に前戯とガツガツと衝動に任せるピストン描写が実用性を高めている

 個人的には手練た元娼婦の蘭さんに検分される『大名のKomachi Angel』3話のくんずほぐれつ具合と勢いのあるエロ密度が刺さった次第

tag : 姫物語 オザケン

comment

Secret

プロフィール

あずきのあいす

Author:あずきのあいす
面倒くさがりな性格

モンスター娘と飼いつ飼われつの関係

カテゴリ
最新記事
近況
RSSリンクの表示
Admin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。