スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『奴隷兎とアンソニー』 赤月みゅうと - 濃度の高い情欲と純度の高い恋情の両性をえぐるように描いた作品

奴隷兎とアンソニー (MUJIN COMICS) 奴隷兎とアンソニー (MUJIN COMICS)

 赤月みゅうと氏の『奴隷兎とアンソニー』読了。心の澱を吐き出すかのような性衝動と混じりけのない澄んだ恋慕を同一線上で描いた快作。これは過去作イノセント ~少女メモリア~少女×少女×少女にも通ずる氏のコンセプトでもあるので併読をば

 タイトル作でもある『奴隷兎とアンソニー』が長編であり、全6話で一話あたりが26ページ前後と多めであり、一話目は32ページとボリュームがある。さらに+カラー短編10P。短編として一話完結の『ビー……サイレント…』があり、44ページとこちらも読み応えのあるストーリー

 『奴隷兎とアンソニー』では、謎の兎を連れた、シャーロット・初音と名乗る表紙の子が転校してくるところから話が始まる。人の心の声が聞こえる、と自称するシャーロットは、主人公/ヒロトに「いつもHなことを考えている」と指摘するが、ヒロトはむしろ逆であると言い返す。しかし、「見たいものを見せる」という不思議なメガネをシャーロットに渡され着けた主人公の目に写ったのは、衣服を纏わぬクラスメートの女子の姿であった。ヒロトに対し献身的なまでに奉仕し、やがて他の女の子とも交わるようになる主人公に対しても、「それがヒロトの望みだから」と叶えるために力を貸すシャーロット。その心に秘めた思いの程は……
 メインヒロインであるシャーロットの他、スポーツ万能成績優秀なクラス委員長や、主人公に食って掛かる不良娘3人組ほか、複数の女の子が登場。スポーティなバスケ部エース他、ストーリー上不特定多数の女子生徒とまぐわう事となる。ちなみにシャーロットは表紙ではデザイン上の見栄えの問題か茶髪であるが、本編カラーでは金髪であり、設定でも金髪ツインテールである

 『奴隷兎とアンソニー』の1話『~ゴシュメガ~』ではエロパートは丸々フェラチオのみという大胆な構成。一糸まとわぬクラスメイトを性欲の対象としつつフェラしてもらう流れは、シャーロットの登場による今までの日常とのズレと、次話『~シャセトマ~』における連戦中出しセックスにつながる彼女の献身さを描き出している。続く『~Mad as a March Hare~』『~シンクロニシティ~』ではヒロトの心の中に潜む欲望を叶えるため、シャーロットがクラス委員長や不良娘達とのプレイのセッティングを行うが、僅かながら彼女の真意と行為の間の思いのズレを見せてゆく。こういった彼女の献身さの裏に秘めた想いと、主人公の浸る肉欲の対比の描き方の巧さが作者の妙であり、複数の女の子とHする『シカトヤラナイカ?』では高揚感を読者にもたらしながらもどこか空虚さを感じさせる風味が印象的。その後の展開・フィナーレについては手に取り『~相思相愛~』を確認の程を

 『ビー……サイレント…』は、死ぬほど奥手だった女の子の一世一代の復讐劇……と称し、8年付き合っていた彼氏を数多の男と付き合っていたサイテーな友人に寝取られ、挙句結婚式に招待された女の子のお話。これだけ書けばドロドロの愛憎劇のようではあるし事実その一面はあるが、それは一端でしかない。なぜならこの女の子は冒頭で、彼女のことを「サイテーでサイコーな私の大親友」といい過去を振り返っている。そこに至るまでの性欲と愛情の両面を鋭く描き込んだ、氏の作風を濃縮した1話

 ストーリーの読み応えだけでは終わらず、エロパートは豊富に割かれたページ数からの濃厚なフェラ描写による前戯と挿入からの中出し連戦が多いため、汁っけと時折使われる射精時の透過表現と併せて実用性も高い。ストーリー上の演出とエロパートの絶頂描写において相互的に使用される大ゴマは、その描き方とタイミングにより読み手に入り込んでくるような強烈なインプレッシヴネスを持ち合わせている

 個人的には不良娘の1人、普段ガサツそうで気の強い宮下さんの絶頂時の書き文字「ママァ~ッ♡」が嗜虐心を煽られた次第。抜きウェポンとしては『シカトヤラナイカ?』の女子バレー部エースの子がヒット

 ちなみに少女×少女×少女はアニメ化するらしいのでこちらも興味を持った方は是非

tag : 奴隷兎とアンソニー 赤月みゅうと

comment

Secret

プロフィール

あずきのあいす

Author:あずきのあいす
面倒くさがりな性格

モンスター娘と飼いつ飼われつの関係

カテゴリ
最新記事
近況
RSSリンクの表示
Admin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。