スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『スキイロ少女』 水風天 - コミック版ヨスガノソラを描いた水風天氏の成人向けコミック

スキイロ少女 (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL) スキイロ少女 (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)

 『スキイロ少女』読了、遅ればせながらの感想。TVアニメとしては過激な演出で話題になったヨスガノソラのコミカライズを担当した水風天氏の単行本。白く淡いヒロインたちの情緒に黒い情欲がちらりと陰る演出が光る作品

 1話あたりのページ数は16~20ページと少々少なめで、その分13作品の短編が詰まった1冊となっている

 ヒロインは基本10代後半から20代前半の女の子たち。『モノクローム』のみ幼い娘を残された未亡人が登場するが、それも30代前後といった風貌
 大きく盛り上がる演出が用意されているわけではないため平坦さを感じる作品が殆どではあるが、その分何らかの形で余韻の残る展開が特徴。日本舞踊の本家と分家の間柄である想いを寄せていた女の子は、家の思惑により自分ではなく兄との婚約を決められてしまうが、その直後に相思相愛の仲であることを確認しあった―(『花鳥風月』)など、純真な恋慕が占める割合が多いだけに官能が映え、僅かに匂わせられた後ろめたさが際立つ読み味
 また、全体を通して主人公のキャラクターが淡白であり、ヒロインの叙情が主軸となっている印象。完璧に仕事をこなすバイトチーフの女の子が、少々だらしない主人公に対しローターを付けさせられながらも自らの仕事ぶりを見せようとする『パーフェクトスター』や、文武両道のイケメンに告白しようとするもきっかけを掴めなかったが、姉の手伝いとしてイベントでコスプレをしている際にカメラを持った彼と出くわす『閃光少女』では、ヒロインの恋慕は描かれているものの関係性が明確に示されていないその雰囲気が印象的
 ヤリマンの噂を立てられている女の子と屋上で邂逅し昼飯を分け合う『SECRET LUNCH』や、SNSで出会った美人の女性と一時を過ごした『時の隙間で』は、共に曖昧な関係性の中で僅かな繋がりに浸り合う演出とその終わり方は、妙に胸がすくような後味を残している
 春野、春日と言う名前のキャラが出てきてヨスガノソラの春日野が連想されたがきっと気のせい

 ヒロインは胸の大小はあるもののスレンダーな肉付きでムッチリ感は控えめ。ちなみに15人のヒロインのうちツインテール3人で後方で結い上げた髪型が6人。エロ漫画としてはあっさりした塗りのタッチであり、エロパートでも作画上のインパクトは少なめ。そういう面でもヒロインの心情面や雰囲気で引っ張る構成

 目聡い彼女に世話焼かれる『Eye Love You』のヒロインが好みではあったが、実用性では『SECRET LUNCH』が私的には上だったり

tag : スキイロ少女 水風天

comment

Secret

プロフィール

あずきのあいす

Author:あずきのあいす
面倒くさがりな性格

モンスター娘と飼いつ飼われつの関係

カテゴリ
最新記事
近況
RSSリンクの表示
Admin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。