スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『とらいあんぐるH』 武内一真 - 2人より3人が気持ちいい♡

とらいあんぐるH (ワコーコミックス) とらいあんぐるH (ワコーコミックス)

 武内一真氏の初単行本『とらいあんぐるH』読了

 タイトルの通り、3Pをテーマにした中編作品が2つ。高い画力で描かれた可愛らしいキャラクターが見せる扇情的な表情で押していくスタンスの作品。表紙の2人のヒロインが出てくる『プロトタイプアップル』が6話+描きおろしカラー、表題作である『とらいあんぐるH』が4話に、短編が1つ。表紙裏でネタにされているとおり、表紙ヒロインは『プロトタイプアップル』だが本巻のタイトルは編集に止められたとかで『とらいあんぐるH』。大企業林檎への配慮なのか……

 『プロトタイプアップル』では、主人公のもとにラブドールとして作られた金髪ツインテールのアンドロイド/アップル(表紙右の娘)が現れる。この子の外見が、何故か昔なじみのお姉さん/林檎とそっくりであり……。『とらいあんぐるH』では自分をお姉さまと呼び過剰に慕う女の子への誤魔化しとして、仲の良い主人公と付き合っているということにしようとするヒロインのお話。流れでヒロインを取り合うように3Pすることとなる。両者とも構図は違えど取り合いは発生するものの、快楽の合間に仲良くなってしまう展開はシリアスにはなりきらずコミカルであり、まさに帯にも書かれているとおり「2人より3人以上のほうが気持ちいい」。何故3人「以上」なのかは買ってからのご確認

 レズ気味のヒロインがスレンダー気味なスタイルであることを除いて皆ナイスバディ。人の心を癒す豊かなおっぱいの持ち主である十六夜含め(短編『死神天使 十六夜さん』)、アニメ調の表情とグラマラスな肢体が相まり、手に取りやすいであろう画風。キャラクターの愛らしさが前戯で恥じらいやピストンで快楽に浸る様は高揚感の助けとなっており、抜きどころへの牽引力ともなっている

 エロパートはフェラを添えた上でのピストンメインで、がっつり中出し基本ぶっかけ少々といったところ。あくまでテーマというだけで、3Pの尺が殊更長いわけではない点は留意。特に、2人のヒロインが並んでいるところに同時射精というコマは無い。個人的には好きなシチュエーションというわけではないので個別にきっちり中出ししてる本作は◯

 淡白なようでいて強い押しで責めてくるアップルの姿が可愛い『プロトタイプアップル』がお気に入り

tag : とらいあんぐるH 武内一真

comment

Secret

プロフィール

あずきのあいす

Author:あずきのあいす
面倒くさがりな性格

モンスター娘と飼いつ飼われつの関係

カテゴリ
最新記事
近況
RSSリンクの表示
Admin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。