スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『美少女クラブ』 赤月みゅうと - 性を知らぬ無垢な少女たちを囲う高い壁の中で、男はご主人様一人です

美少女クラブ 上 (MUJIN COMICS)美少女クラブ 下 (MUJIN COMICS)

 赤月みゅうと氏の単行本『美少女クラブ』読了。前作『奴隷兎とアンソニー』の感想記事も併せてどうぞ

美少女クラブ (1)
「後ろからおっぱいマッサージ♡」

美少女クラブ (2)
「女のしたたかさは恐ろしい…」

 上下巻にわたる長編。分量は2巻でプロローグに本編9話+過去編1話。1話あたりのページ数は34~48ページ、最終話は56ページと、読み応えのある作品
美少女クラブ (3) 登場するは性を知らない無垢な少女たち
 リーザというメイドに育てられた男の子フランツ。外の世界を知らない彼は、リーザにある学園へ連れられる。リーザがガーデン・ローズを名乗るそこは、少女達のみが生きる高い壁に囲まれた世界。そしてフランツは、自分がカテゴリーEX絶滅種、この世界にただ一人残った男であることを知る(←上巻表紙のガーデンローズことリーザ『下巻 最終話~ガーデン・ローズ~』)

 高い壁に囲まれた世界で純粋生育された少女たちは、それが子作りであるということすら知らずに、初めて知る快楽に浸ってゆく。無垢な少女たち性快楽を求める姿は、氏の過去作『イノセント ~少女メモリア~』における短編『イノセント』に近い
 話の展開上、中盤は女の子たちが消えては新たに登場するため、個々の登場ヒロインの個性や主張は控えめ。所々でヒロインの思惑や情動の発露はあるものの、話全体としては、ヒロインの内面よりも、彼女たちを取り巻く世界のアトモスフィアを描き出すことにより叙情性を作り上げている本作
 次々と少女たちが消えていくにも関わらず、それに何故か気が付かずハーレム空間で目の前の快楽に浸る少年少女。こういった、無垢な少女たちと満たされる肉欲、満たされた登場人物と取り巻く寂寥感のアンビバレンツな演出は相変わらず赤月みゅうと氏の得意とするところ

美少女クラブ (4) 1話あたりのページ数が多い恩恵を受け、エロパートは前戯として手コキやフェラを十分に配置。エロにおいて主導的であることの多い本作ヒロインに合わせて読者を高ぶらせてゆく。女の子と密着した体位が多く、特にハーレムプレイでは前後を女の子にサンドイッチされるコマが多用されており、互いにキスをしながら双方向に快楽へと昂ぶる姿は、単純ながらも非常に扇情的(←『下巻 過去編~ユートピア~』)
 登場ヒロインが多いこともあって1エロパートにおける射精回数は多く、反面一回の射精までのタメが物足りなく感じてしまうところもしばしば。その分、射精時には、膣内を精液が満たす透過表現・大ゴマ・見開きを使用し抑揚をキッチリつけている

 SF要素も絡めつつ、無垢な世界で生きている少女たちの姿を描いた本作。個人的には上巻『3話~夜這い~』で女の子たちが貪欲に跨ってくる逆レイプ気味なプレイがヒット

tag : 美少女クラブ 赤月みゅうと

『ボーイ・ミーツ・ハーレム』 立花オミナ - 褐色娘たちから種付け催促♥実用度抜群のハーレムコミック

ボーイ・ミーツ・ハーレム (MUJIN COMICS) ボーイ・ミーツ・ハーレム (MUJIN COMICS)

 立花オミナ氏の初単行本『ボーイ・ミーツ・ハーレム』読了

ボーイ・ミーツ・ハーレム (2)
オールハーレムだけあり前戯も複数が基本

ボーイ・ミーツ・ハーレム (1)
受精の確率を上げるため2回連続で中出し

 分量は4話連作、1話読みきり短編に+おまけまんが。話数は少ないものの、連作は『南国♥ハーレム』『雪山♥ハーレム』が50ページ程度に『熱帯♥ハーレム』は前後編それぞれ32ページ、短編『出会って♥ハーレム』は40ページとボリューミー

ボーイ・ミーツ・ハーレム (3) ヒロインは10代後半から20代前後を主軸に、人妻や母娘もあり。連作はトラブルに巻き込まれてはフラグを立てて周囲の女性たちをハーレム化する流れ。(←思いを寄せる女担任、客室乗務員、同級生2人と遭難する『南国♥ハーレム』)

 連作では一応主人公の本命は担任の女教師であるものの、主人公をめぐる女性たちの軋轢が描かれることはない。『熱帯♥ハーレム』には多くのモブが出てくるものの、1話あたりメインキャラクターは3,4人と、ハーレムものとしては作劇・作画の両面で安定感のある人数。お互いの食い合わず、「全員美味しくいただける」ハーレムとなっている。読み切り短編も、手違いから出会い系の相手3人が一度に来て顔を合わせてしまうというトラブルから始まるものの、終盤では快楽享受による幸福感が得られるストーリーとなっている
 連作の3,4話にあたる前後編『熱帯♥ハーレム』では、褐色のムッチリ肌が艶かしい女の子たちが登場、彼女たちの子作り相手として種馬となることを強いられる

ボーイ・ミーツ・ハーレム (4) エロシーンはタイトル通りのハーレムエッチ。行為までの流れは女性主導ながらも行為中はガッツリ責め、皆で絶頂を迎える展開となっている
 ヒロインたちの肢体は総じて肉感的。ボーイッシュで少年のようなヒロインもいるもののその身体には曲線的な柔肉。『熱帯♥ハーレム』では、モチモチの肉質が艶やかな褐色肌をさらに引き立ている(←褐色娘たちの住まう村の族長さんと…『熱帯♥ハーレム【後編】』)
 前戯も複数フェラやパイズリが基本、行為中に別の女性の胸に顔を埋めたり、背中を胸に預けたりとハーレムエッチを満喫。1話あたりのページ数が多いこともあり一回のエロパートの尺は長く、受精のための連続中出しや全員平等に一斉中出しなど射精しどころも多め

 全員仲良く大団円でさっぱりとした読後感も併せ、非常に抜きツールとして純度の高い本作。個人的には充実の褐色娘ハーレムを味わえる『熱帯♥ハーレム』の前後編が一押し。超おすすめ

tag : ボーイ・ミーツ・ハーレム 立花オミナ

プロフィール

あずきのあいす

Author:あずきのあいす
面倒くさがりな性格

モンスター娘と飼いつ飼われつの関係

カテゴリ
最新記事
近況
RSSリンクの表示
Admin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。