スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『サカリサカラレ』 メメ50 - もっちりボディの女の子たちと膣(ナカ)良くしよう

サカリサカラレ (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL) サカリサカラレ (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)

 メメ50氏の『サカリサカラレ』読了。『りみっとぶれいく!』から今年2作品目となる単行本

 2話連作の表題作『さかりさかられ』と、読み切り短編9話+カラー掌編2話であり、短編は18~20ページ程度

サカリサカラレ (1) ヒロイン層は10代の学生から30前後と思しき人妻まであるが、メインは20前後といったところ
(←幼い外見から夫婦には見えず親娘だと想われてしまう『ちびっと温泉』)

 貞操感や背徳感を匂う程度に残しつつも、物語展開に快楽への直進性を持たせたライトさは前作『りみっとぶれいく!』同様
 一人のヒロインを双子の男が取り合って3Pへと事を運んだり、女2男2からの乱交スワップもあり。また、ティーンの学生ヒロインに対して野郎側は教師、対しておとなしい女性教師を調教する男子生徒や、年季の入った店長が若い女性店員を手篭めにしたり、あるいはお決まりに執事とお嬢様といったように、何らかのギャップのある非日常感の強いシチュが多めとなっている
 展開にインモラルさを孕みつつも後に影を残すことの少ない幕の引き方は読後感を悪くないものにしており抜き目的としては嬉しいところ

サカリサカラレ (2) ヒロインの肢体は全身さわり心地のよさそうなモチモチボディであり、特に若干の垂れただらしのない乳の放つ色香が魅惑
 表紙等価な安定感のある作画も安心
(←彼氏に浮気をされているという不安感を店長に突かれる『ホントノワタシ』)

 エロパートは、可愛らしい女性たちの表情をアヘ顔のといった表現で崩さず、力強いピストン描写や想いや快楽を口にすることで表すスタイル。享楽的な台詞回しがストーリーのダークな面と直結しているため、特殊なプレイを描くことによる敷居の高さを廃しつつもほのかなアブノーマルを感じさせることに成功している

 個人的には母子家庭の家庭訪問先で身体を持て余した母親とまぐわう『家庭訪悶』がヒット

tag : サカリサカラレ メメ50

『純潔の終わる日々…』 駄菓子 - 交わり堕ちるモノクロ官能世界

純潔の終わる日々… (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL) 純潔の終わる日々… (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)

 駄菓子氏の『純潔の終わる日々…』読了。タイトルと併せた表紙の印象から寝取られや陵辱要素がメインコンテンツの作品かと誤解しかねないがそんなことはなく、一線を越えることにより相手に耽溺していく様子を描いた短篇集となっている

 分量は20ページ前後の短編10話+『覗線の先』の後日談描きおろし掌編1話

純潔の終わる日々 (1) ヒロインたちは学生層であることが多いものの義姉や人妻もあり。性に奔放なタイプというよりも、純真ながらもリビドーを裡に秘めた女性たちといえる
(←可憐で清楚な副会長が放課後に図書室でオナニーをしているところを発見してしまう『覗線の先』)

 性交を経て相手に溺惑していく過程を丁寧に描いたストーリーと、それがもたらす背徳的な雰囲気は本作の魅力。基本は女性サイドが男性側のもたらす快楽に流されハマっていく展開ながらも、男性側も行為を経てもたらされる女性との関係を肯定的に捉えているように描かれており、この双方が快楽に陥る泥沼感が特徴といえる

 締まったお腹回りと対照的に主張する乳房や桃尻は存在感を出しつつも大きすぎず全体としての肢体の調和を乱さないバランス
純潔の終わる日々 (2) 鉛筆タッチで描かれる作画は大きな売りポイントとなっており、モノクロ絵で描かれた表紙絵はこれを的確に表している
(←細身で小柄な割にグラマラスな姪『鳥籠屋敷』)
 アナログな筆致がもたらす線画とヒロインの表情は、陰影のある話の情緒と見事に噛み合っている。初単行本ということもあり作画にばらつきが多少あるのは確かではあり、鉛筆調な線画に対しベタ塗りされる髪が浮いて見えることがあるといった点もあるものの、作画レベル自体は決して低くはなく十分な官能表現が成されている

 ストーリーや作画といった背徳感のあるバックボーンに裏打ちされたエロパートは、紙上に濃厚な淫猥さを有している。また、グラマラスなボディを、動きのダイナミックさだけではなく体位のダイナミックさでも魅せる丁寧さも好印象。ねっとりと多めの愛液や、快楽に浸りだらしなく緩む表情も相まりエロ演出は上々
 中出しだけでなくぶっかけもあり、断面図フィニッシュを多用する作風の作家さんではないようだが、『昼下がりの彼女』の膣内射精が大変好みだったので今後はこちらにも期待

tag : 純潔の終わる日々… 駄菓子

『Wet.』 イノウエマキト - 潤いのあるグラマラボディに汁液弾けるヌルテカ短篇集

Wet. (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL) Wet. (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)

 イノウエマキト氏の初単行本『Wet.』読了

Wet (1) 1話あたり16~20ページの短編8話にカラー8話構成

 表紙と同様のツヤのある塗りを堪能できる、多めに配されたカラーページにはお買い得感あり。1話当たり6,8ページと、相応の分量があり充足感は十分
(←ハリのある艶乳『サンシャイン☆パニック!!』)

 ヒロインたちはティーンの学生たちが多めではあるが、二十歳前後のサークルの先輩や単身赴任する夫に残された主婦といった要素もあり


 ストーリー面については、エロの尺が多めな分だけ導入部は圧迫されがちではあるが、それを補うように性交を経て関係性を築いていく展開を主軸にすることにより読み応えを損なわない構成。必ずしも客観的に見て男女双方が幸せになったとは言えない結末のストーリーも幾つかあるにはあるものの、それを含めても顛末が収まり良く描かれており読後感は良いという印象

Wet (2) ヒロインのスタイルはハリの肌を纏う肉付きの良さがある。表紙絵のような豊満な乳房を備えたヒロインが大半ながらも、小柄な体躯に薄い胸のヒロインやスレンダーな女性もいたりと単一感を感じさせないラインナップ

 カラー作画で見受けられた艶のある塗りはモノクロでも生かされており、女体に瑞々しさを与えている。特にぷっくりとした蠱惑的な唇が魅力であり、フェラシーンは上々な淫猥さ
(←ツヤ塗りが生かされた水着描写『ホロウ・ハート』)


Wet (3) グイグイと感度を引き上げる前戯パートからは、前戯本番連戦だけでなく小休止を挟んでの2シーン構成でもあったりと、長めに取られたエロには満腹感。エロパート内でキャラクター性を構築していく展開も併せて、読者を引き込む力は非常に高いといえる

 また、ハリのある肌作画と透明感のある汁液描写の相乗効果がもたらす濃密なページの連続は本作家の売りであり、絶頂時に描かれる大ゴマの濡れ滴る女体は強力なインパクト(←『熱病』)

 個人的には、サークルの先輩の引越し作業を手伝ったお礼に筆おろしをしてもらう『熱病』のハメっぱなしエロに惹かれて止まないところ

tag : Wet. イノウエマキト

『Hawken』 - 課金要素の説明と、開始時の機体選択の助けになる情報

【課金システム】
 『Hawken』はFree to Playであり、つまるところ基本無料。プレイにあたってはいくつかある機体(メック)やオプションアイテムを選択して購入していくわけだが、メックやアイテムを買うにはゲーム内マネーだと貯めるにも結構な額が必要であり、それなりに時間がかかる。課金だとこれを即購入できる、と言う住み分けとなっている

課金システム

 上図の青○部分がHawken Pointsで、赤○部分がMeteor pointsHawken Pointsはゲームプレイ中に獲得していくことが可能であり、Meteor pointsは課金によるチャージが必要(βの時は初期からMeteor pointsが4,800チャージされていたが正式サービス後は不明)

 先に言った通り機体を買うにはそれなりの労力か、課金が必要。出来れば使いやすく自分にあったメックを最初は選びたいところ。というわけで、クローズドβテスト3の情報を元に(←ここ重要)、メックを選ぶにあたって参考になりそうな情報を紹介


【機体情報】
<メックカテゴリ>
 まず、メックは大きく分けて
・Light Mechs (軽量級)
・Medium Mechs (中量級)
・Heavy Mechs (重量級)

の3つに分けられる。機体のパラメータはこの3種のみ

 例えば軽量にカテゴライズされている機体はすべて同じ耐久値であり、同じ移動性能である


<パラメータ傾向>
・耐久力は軽量から順に500/675/850
 重量は後述のアビリティによりさらに被ダメージを軽減することが出来る
・歩行速度や走行速度は軽量のほうが早く、歩行から走行に移行する時間も軽量のほうが短い
・ブーストの加速性能や前進速度、横方向のダッシュ速度、ブーストによる硬直時間、滞空時間といった性能が全て軽量級のほうが上
・高度からの着地によるダメージは重量級のほうが大きい
ゲームルール「Siege」において、重量級のほうが一度に運べるエネルギー量が多い


 要するに軽量級のほうが速くて重量級のほうが堅い

 ただし、いくら軽量が速いとはいえ速度に任せた回避行動でエイムから逃れるのは困難。あくまで重量級に比べて有利な立ち回りをし易くするための速度であることを忘れてはならない

 重量機体はアビリティでヘビーディフェンスモードに変形し移動力を下げる代わりに防御力を大きく上げる事が可能。これは時限性ではなく発動すれば任意で解除可能。ただし変形にはそれなりに時間がかり、無敵時間などはないため敵の目の前での変形は厳禁。戦況を読んで必要ならば早めに変形しておきたい。変形中は修理できないため注意


<メックの武装とアビリティ>
 軽量・中量・重量ではカテゴリ内のメックのステータスが同じと述べたが、では「メックごとの違いとは何なのか」と言えば、装備できる武装(主兵装2種と副兵装)とアビリティの組み合わせが異なる
 クローズドβテスト3では各カテゴリ3体で計9体のメックが存在しており、それぞれ初期でセットされている武装とアビリティは変更できない

 外見にあたるパーツ類はカテゴリ内で共通のものが使用可能であり、例えばAssaultがBruiserの姿をすることは出来る


 以下、各メック詳細

more...

tag : Hawken

『ポルノスイッチ』 Hisasi - 爆ぜろスウェット!弾けろ愛液!

ポルノスイッチ (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL) ポルノスイッチ (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)

 Hisasi氏の『ポルノスイッチ』読了。発売前から各所で広告を見受けられるほどのプッシュがあっただけに期待の処女単行本

 まずは分量。カラー掌編2つにおおよそ20ページの短編が9話、描き下ろしの後日談が2話という構成

ポルノスイッチ (1) ヒロインたちは20歳前後が主軸であり女子学生多め
(←久しぶりにあった同級生は魅力的に成長していて『秋夜に会うならば…』)

 ストーリーはたなぼた展開やご都合主義的な面があるものの、それが読みやすさに直結しており、中盤以降のラブエロ描写までスムーズに読者を牽引
 中盤以降に、ヒロインのエロティックな一面や素直な思いの告白イベントをエッセンスとすることにより相応の読み応えも提供している点は巧いといえる。また、最後の一ページでその後の展開を想起させる描写をワンポイント加えることにより、ヒロインズの魅力を引き立てている構成も高評価

 ヒロインたちは表紙互換の、むっちり肉付きに巨乳を備えたスタイル。作画には安定感があり、ハリのある艶肌に浮かぶ汁描写は本作家さんの売り。前戯から汗や愛液多めであり、感度の高まりとともに女体に伝う汁液は増し、大きめのコマが取られた絶頂時の膣内射精&精液逆流までインクリメントに描かれる

ポルノスイッチ (2) 全エロパート着エロ完備。溢れる汁液により肢体に張り付く衣服は扇情性高し

 特に主人公の声を録音し聞いている女の子のヘッドホンを着けたままのHが個人的にヒット
(←ヘッドセットだけでなくニーハイソックスなどもポイント高い『そっとよびかけて』)

tag : ポルノスイッチ Hisasi

プロフィール

あずきのあいす

Author:あずきのあいす
面倒くさがりな性格

モンスター娘と飼いつ飼われつの関係

カテゴリ
最新記事
近況
RSSリンクの表示
Admin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。