スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『初恋モーション』 篠塚醸二 - 初乳ロケットおっぱいを満喫せよ

初恋モーション (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL) 初恋モーション (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)

 篠塚醸二氏の初単行本『初恋モーション』読了。形、質感、大きさの三拍子揃ったロケットおっぱいを堪能できる一冊

 カラー短編が2話に前後編+描きおろし続編の『CANDY LOCK』、他短編9つからなる。1話あたり16ページ多めで幾つかは18,20ページといった分量

 カラー短編『狙う女教師』以外は全体を通し学生成分多めであり、ヒロインは二十歳前後といったところ。国語のテストで2点をとってしまったヒロインの、頭に行くべき栄養が巨乳に行っているというよくあるやり取りの後の、98のGのバストが点を吸い取ったという流れが妙にツボに入った『誤爆ダイアリー』他、『私の性物学』は教師-女子生徒モノ。『アワ♀アワ♀勘違い』や『CANDY LOCK』では主人公と2人の女の子が絡む流れではあるが切ない恋愛事情成分は控えめでありの根幹はイチャラブ両手に花展開

 背の小さい子がその丈に見合わぬオーバーサイズを下の口に咥え込む『High & Low♥』においてもヒロインは巨乳。表紙の子に備わる胸部ロケットは全話ヒロイン標準装備であり、本巻の醍醐味。ピンと張る釣鐘型の乳房とそれに見合う程よい存在感を示す乳輪のもたらすはエロパートに高い攻撃力と出力をもたらしている。仰向け時にも迫力ある乳房と重量感は欠けること無く、特に下乳周辺の圧迫感が扇情度十分

 各話しっかり確保された前戯から挿入の流れは好感触であり、肉感的な肢体を全面に押すエロパートも前述のウリである乳房と相まって実用度十分。ただ、極めて私的な嗜好の問題ではあるが、半数近くがフィニッシュ時外出しなのは減点ポイント。外出しをフィニッシュに据えるなら絶頂時のぶっかけ大ゴマだけでなく、その直後の白濁を纏いながら荒い呼吸で上下する胸を鎮めていく事後描写も欲しかったところ

 気だるげな半目にポニテのお隣幼馴染が夜な夜な窓から侵入してきてはゴミ箱の処理紙を漁っていく『生しぼり♥』が個人的にはヒット

tag : 初恋モーション 篠塚醸二

プロフィール

あずきのあいす

Author:あずきのあいす
面倒くさがりな性格

モンスター娘と飼いつ飼われつの関係

カテゴリ
最新記事
近況
RSSリンクの表示
Admin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。